Ka Luna BLOG

先日、卒業生と話す機会がありました。

 

大阪のサロンに就職した彼女ですが、

 

大阪のお客様はとてもはっきりと物をおっしゃると。

 

「強いマッサージが好きだから、もっと強く」とか、「まだまだ先輩には追い付かへんな!」とか、

 

「フェイシャルのふき取りを優しくしてほしい」とか・・・

 

最初はショックでへこんでしまうこともあったそうなんですが、

 

しっかりとお客様がご自分の気持ちを伝えてもらえることにとっても感謝しているそうでした。

 

 

それを聞いていて、とても良いなぁ、と。

 

 

他の地域では、「あー、なんとなく違ったな」というとき、何も言わずにもう来なくなると思うんです。

 

きちんと自分の要望や感想を伝えて自分好みのトリートメントをしてもらい、

 

長くサロンに通い続けるという大阪のお客様の感覚。

 

セラピストにも嬉しいことです。

 

 

私自身もいろいろなサロンに行きます。

 

お客様の気持ちになる機会はとても重要で、

 

なるべく、トリートメントを受ける時は寒かったり、強さだったりを担当したセラピストに正直に伝えようと思っていますが、なかなか気を遣って言えなかったりします。

 

それでも、セラピストのためだし、自分自信も気を遣ってトリートメントを受けたくはないので、上手に伝えるようにしています。

 

 

Ka Luna大濠にいらっしゃるお客様は、お仕事やプライベート、様々なところで日ごろから気を遣われていらっしゃる方が本当に多く、

 

サロンでだけは何も気を遣うことがなく、

 

お客様にとって究極にリラックスできる場所になるのが一番うれしいことです^^

 

 

最初に、お肌の状態やお身体のことをお話しますが、

 

出来るだけサロンでは思ったことやご要望を心の中にしまっておかずに

 

是非、教えて下さいね!

 

もちろん、強さやお好みなども。

 

 

 

 

私も、お客様がお話されたいかな、今日はゆっくり眠りたいかな、とお客様のご様子も観察しながらトリートメントを進めています。

 

トリートメントでも、「ここは痛いですよー、筋肉が硬くなっていますから」と出来るだけ、

 

痛くなりそうなときもお伝えしたりして、お客様が安心して受けられるように。

 

 

お客様と、5年、10年、20年と長くお付き合いさせていただき、

 

 

お客様の一番リラックスできる場所になれるよう日々勉強していきます^^

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。